ボラティリティーが高い相場にすること

「ボラティリティーが高い相場にすること」の有益情報をお届け!

FXでサクッとミリオネア@情報商材ナナメ読み

FX情報商材でテクニカルシステムトレードを学びませんか!?

真剣な在宅ワークやっています。

↓  ↓  ↓

真剣に成功したい人はクリックを!!
2008年01月24日

ボラティリティーが高い相場にすること

ボラティリティーとは変動率とか変動幅とかいわれます。
それは通常どれくらい値動きがあるのかということですね。


投資家が投資するものの値動きの特性を知っておくことはとうぜんのことです。


たとえばポンド円の場合。
通常時は1円から2円の値幅で動きます。
でも今現在は5円動くときもあります。


チャートの日足の高値と安値の幅が広がっているのがよくわかりますね。


23日のダウなんて300ドル下げてからの300ドル上昇です。
寝る前と寝た後で
「え〜〜なんでこんなにうごいとんねん」
ってつっこみたくなりますね。


まだまだボラティリティーの高い相場はしばらくつづくと思います。
それだけ相場参加者が多いってことですのでいいとこですね。


さてこんなときやらなければいけないことを2つあげときます。


まずは1つ目。

「必ず、ストップ注文をいれてください。」

これをしないとマイナスがどんどん進んでロスカットできなくなります。
予定で1万円損するところを10万円になったとき、あなたならロスカットできますか?

私はできなくなってしまいます。そしてさらに損失の幅はいっきに加速して30万円に
なったときもうだめだと思い、損失を確定させます。

だいたいそこで反転するものなんです。

これさえおこさなければ相場で勝つことはできます。


2つ目。

「感覚売買ではなくて、しっかりとしたテクニカル売買をしてください。」

こんな荒れた相場で感覚売買して勝てる人は天才だけです。

しっかりとチャートをみてこうなったら買い、売りとイメージしてから
注文してください。

そうするとロスカットもしっかりできますから。

またOCOがお勧めですね。上下にしっかり動きますから、大きい利益を狙っていくのでは
なく利食いをこつこつしていくのがいいです。

ボラティリティリーが高いのでこつこつでもしっかりした利益になっていきます。


テクニカルスキルがない!とか自分にあったトレードがわからないという人は
下のリカバリーレイトFXはお勧めですよ。


やはりリアルタイムで質問できるところがいいですね。
一人でやっていると不安も多いですものね。


初心者の人がこの相場で失う金額を考えたら安いものです。
私は受講していてラッキーと思いましたよ^^↓↓




この記事へのコメント
突然の営業書込み、大目に見てください。m(_ _)m
http://fxouji.blog.shinobi.jp/
を運営しているFX王子と申します。
フィナンシャルプランナーが使う、スワップ運用術
5年分計算済みの運用シートの宣伝で書込みいたしました。
◆週刊大衆増刊”年明けでも紹介されます◆
5年で利回り1098%を実現する試算表を配布しております。
銀行や、株や、ファンドや・・そんなの不要!!自分で出来ます。
外貨預金なんて相手になりません!!
FXでみんな資産を増やそう!!

過激なキャッチコピーの高額FX商材など、絶対に購入しないように気をつけてください。
ちなみに、クレームゼロのロングセラーとなっておりますので
アフィリエイトやるのもちょっとした現金収入になると思います。

突然で申し訳ありませんが
よろしくお願い致します。
FX王子
http://fxouji.blog.shinobi.jp/
Posted by 5年利回り1098%の資産運用 at 2008年01月26日 00:39
こんにちは^−^はじめて書き込みさせていただきます。

インフォトップ

インフォカート
http://www.infocart.jp/down/description.php?IID=25903
インフォスタイル
http://www.info-style.co.jp/note.php?id=1200291756

今回、【オートトレードFX】というFXの全自動売買ソフトを
販売させていただくことになりました。
本当にいいソフトなので、もしよかったら紹介してもらえませんか?
各ASPで「オートトレードFX」で検索していただくと出てきますのでよろしくお願いします。
Posted by at 2008年02月02日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。